CELLBANKER® 2無血清タイプ

CELLBANKER® 2 製品案内 (従来製品名:セルバンカー2)

特徴

CELLBANKER® 2 は無血清タイプの細胞凍結保存液です。
性能は血清タイプの細胞凍結保存液と同等の効果が期待できます。
血清及びアルブミンなどのタンパク成分を含んでおりませんので、それらによる汚染や影響の心配がありません。

凍結保存可能な細胞の例
細胞株名 由来(特徴)
293 Sheared human Ad5 DNA-transformed cell line.
293T Human cell line expressing SV40 large T antigen
32D Murine myeloid cell
3LL Murine Lewis lung cancer cell
A10 Thoracic aortic smooth muscle of an embryonic rat
A2781 Glioblastoma cell
Ac2F Rat liver cell
AtT20 Murine anterior pituitary cell
Ba/F3 Murine Pro-B cell
BHK-21 Baby Hamster renal fibroblast cell
C2C12 Mouse myoblast cell
C3H10T1/2 Murine embryonic fibroblast cell
Caco-2 Human colonic adenocarcinoma cell
CHL/1U Neonatal Chinese Hamster Lung cell
CHO Chinese Hamster Ovary cell
CHO-K1 Chinese Hamster Ovary cell
Colo203 Human colonic adenocarcinoma cell
COS1 African green monkey kidney cell
COS7 African green monkey kidney cell
CTLL-2 Murine T-cell
DLP-1 Human colonic adenocarcinoma cell
DT40 Chicken B lymphocyte cell
DU145 Human prostate carcinoma cell
EBV transformed B cell
EJ-1 Human bladder carcinoma
ELM-D Murine erythroblastic leukemia cell
HeLa cell Human Uterine Cervical Carcinoma Cell
Hep3B Human hepatoma cell
Hepal-6 Murine hepatoma cell
Hepatocyte
HepG2 Hepatocellular carcinoma cell
HL-60 Human promyelocytic leukemia cell
HT-2 Murine cell
Huh-7 Human hepatocarcinoma cell
Jurkat Human T-cell line
K-562 Human Caucasian Chronic myelogenous leukaemia cell
Kato-III Human stomach carcinoma
Keratinocyte
KM12-LX Human Caucasian Chronic myelogenous leukaemia cell
L5178Y Murine lymphoma cell
L929 Murine fibroblast cell
LM Murine fibroblast cell
LNCap Human prostate adenocarcinoma cell
Lymphocyte
MCF-7 Human metastatic mammary carcinoma cell
MDCK Madin-Darby canine kidney cell
Microvascular Endothelial Cell
Molt-4 Human T-cell
NB-1/GOTO Human neuroblastoma
NCI-H441 Human lung adenocarcinoma epithelial cell
NIH3T3 Mouse embryonic fibroblast cell
P388 Murine leukimia cell
P3/x63-Ag8.U1 Murine myeloma cell
PC12 Rat pheochromocytoma cell
Periodontal ligament fibroblast cell
Periodontal ligament membrane fibroblast cell
Raji Human B-cell line
RAW264.7 Murine Macrophage cell
sf9 Insect cell
SK-N-MC Neuroepithelioma cell
SN12C Renal carcinoma cell Subclone: PM6,Clone8, MM3
Stem cell
Stomach carcinoma cell
THle3 Human liver cell
T24 Human bladder carcinoma
Vero African green monkey kidney epithelial cell
WEHI3B Murine myeloid leukemia
WiDr Human colon adenocarcinoma cell

CELLBANKER® 2による細胞凍結保存試験の一例

細胞名 保存期間 (年) 生存率 (%)
-80℃
MOUSE
Hybridome 5 90
Myeloma 5 90
L929 5 90
FM3A 5 90
BALB/3T3 5 90
RAT
RLC-16 5 90
NKR 3 90
HAMSTER
CHO 3 90
V79 3 90
MONKEY
COS-1 3 90
Vero 5 90
HUMAN
EBV transformed cell 5 90
Fibroblast 5 90
Melanoma 5 90
SK-007 5 90
Jurkat 5 90
K562 5 90
使用方法 (CELLBANKER®シリーズ)

凍結

より良い結果を得るために、対数増殖期にある細胞で凍結保存を行うことを推奨します。

  1. 細胞汚染の有無や細胞の状態を確認し、従来の方法に従って試験管などに収集する。
  2. 細胞のカウントを行い、細胞数や生存率を確認する。
  3. 遠心分離(1,000~2,000rpm, 3 - 5 minutes, 4℃)し、アスピレーターで上清を取り除く。
  4. 5×105 - 5×106 個の細胞に対し1 mlのCELLBANKER® を加え優しくピペッティングする。
  5. 細胞懸濁液をクライオチューブ(細胞の情報を記載した)に分注する。
  6. -80℃のディープフリーザーで凍結保存する。
  7. 必要に応じて液体窒素タンクで凍結保存する。

融解

  1. 凍結しておいたクライオチューブを37℃温浴などで振りながら迅速に融解する。
  2. 直ちに培養する培地10ml程度に混和する。
  3. 遠心分離(1,000~2,000rpm, 3 - 5 minutes, 4℃)し、アスピレーターで上清を取り除く。
  4. 適量の培地で懸濁し、培養フラスコなどの容器に移す。
  5. 常法にて培養を行う。
製品の保管
保管においては 2~8℃もしくは -20℃以下で保管して下さい。使用期限は製造日より3年です。
品質保証
試験項目 規格
無菌試験 検出せず
マイコプラズマ 検出せず
エンドトキシン 5 EU/ml以下
性能試験 生存率80%以上(JM404, SK-007)

SDS : CELLBANKER® 2