創業者・福井貞一(ふくいさだかず)

大正6年(1917)5月21日、奈良県高市郡高取町の配置売薬業を営む家の4男として生まれる。昭和13年3月、富山薬学専門学校(現・富山医科薬科大学)卒業。同年4月、徴兵検査にて甲種合格。昭和14年1月入隊。昭和16年8月、郡山陸軍病院の開設将校(少尉)として郡山に赴任。昭和21年8月、「旭日薬品工業株式会社」を設立、人体薬の製造を開始する。昭和63年5月まで代表取締役社長、平成10年5月まで代表取締役会長として日本全薬工業(株)の経営を掌る。平成12年4月死去(享年84歳)。

〈公職〉 昭和34年10月 (社)福島県製薬協会理事長
昭和39年5月 (社)日本動物薬事協会理事
昭和44年12月 福島県薬事審議会委員
昭和58年8月 福島県クリーンふくしま運動協議会理事
昭和60年4月 (社)郡山商工会議所会頭
昭和60年5月 (社)福島県薬剤師会会長
昭和60年12月 福島県献血推進協議会会長
昭和62年5月 明るい社会づくり運動福島県協議会会長
〈賞罰〉 昭和54年10月 厚生大臣表彰(薬事衛生功労)
昭和58年4月 藍綬褒章受章(保健衛生功労)
昭和60年11月 (社)日本獣医師会会長表彰(獣医薬進歩発展功労)
昭和63年11月 勲四等瑞宝章受章

その他表彰多数