消炎・鎮痛・解熱薬

最終更新日:2020年3月31日

動物用医薬品
[要指示] [指定] [使用基準]

水性デキサメサゾン注A
10mL×10バイアル

一般に、副腎皮質ホルモンは水に対して溶解度が低いため、注射剤として懸濁液の形で用いられてきましたが、本剤は、溶解度の高いデキサメタゾンのエステルを使用しておりますので、安定した水溶液になっており、静注、皮下注などの用途に使用でき、速やかな効果の発現を期待する場合などに便利な、優れた製品です。
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。