ワクチン

最終更新日:2019年8月1日

動物用医薬品
[要指示] [劇薬] [指定]

IB生ワクチン「BI」H120ネオ
1000羽分×10錠

発売日
2019年8月1日
製造販売業者(輸入元)
ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン株式会社
販売元
日本全薬工業株式会社
成分・分量
発育鶏卵培養弱毒伝染性気管支炎ウイルス H120/LF2/754-15株
10(6.5)EID50以上/ワクチン1錠(820mg、1000羽分)
効能・効果
鶏伝染性気管支炎の予防
用法・用量
1) 飲水投与
錠剤ワクチンを適量の飲用水で確実に溶解した後、更に日齢に応じた量の飲用水に溶かして飲水投与する。

2) 点鼻又は点眼接種
錠剤ワクチンを1滴(0.03mL)1羽分となるように精製水に加えて溶解し、点鼻又は点眼する。
貯法
2~8℃
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。