循環・泌尿器系作用薬

最終更新日:2021年9月27日

動物用医薬品

ヘパヒカ注
22mL

特長

動物病院で肝数値(ASTおよびALT)の高値が認められた犬猫へ、動物用医薬品による新たなアプローチです。

発売日
2021/09/27
開発元
獣医医療開発株式会社
販売元
日本全薬工業株式会社
成分・分量
本品100mL中
チオクト酸 0.1g
パントテン酸ナトリウム 1.0g
使用方法
犬、猫体重1㎏当たり0.05~0.2mLを1日1~2回静脈内、皮下又は筋肉内に注射する。
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。