ワクチン

最終更新日:2018年5月22日

動物用医薬品
[要指示] [劇薬] [指定]

Mg生ワクチン(NBI)
30mLバイアル 1,000羽分

ts-11株(温度感受性株)は、鶏の眼窩下洞や気管のような上部気道で良く増殖し強い免疫を与えますが、体内深部の肺や気嚢などの下部気道では発育しにくいため、気嚢炎を起こさない安全性の高いワクチン株です。また点眼接種のため注射のストレスが無く鶏に優しいワクチンです。

発売日
2003/12/26
輸入発売元
日本バイオロジカルズ株式会社
販売元
日本全薬工業株式会社
成分・分量
1バイアル(30mL,1,000羽分)中マイコプラズマ・ガリセプチカムts-11株(シード)・・・5×1010CCU以上
効能・効果
マイコプラズマ・ガリセプチカム感染に伴う産卵率低下の軽減。
用法・用量
37℃以下の微温湯中で素早く融解した後に添付の点眼用器具をつけ、3週齢以上の鶏に、よく撹拌しながら、1羽あたり1滴を点眼で接種する。
包装単位
プラスチツク製ボトルに30mlずつ分注・密栓し、-70℃以下に凍結したもの(1,000羽分)
使用上の注意事項
添付文書参照
貯法
-70゜以下で貯蔵する。倉出し後使用時まで一時的に保存する場合は、遮光して-20゜以下のフリーザーに貯蔵する。
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。