循環器系作用薬

最終更新日:2019年4月19日

動物用医薬品
[要指示] [指定]

エナカルド錠 1mg/2.5mg/5mg/20mg

エナカルド錠は世界ではじめて犬用心不全薬として開発されたACE阻害剤です。主成分のマレイン酸エナラプリルは、犬の血行動態を改善し心不全の悪循環を断ち切ることで、心不全による様々な臨床症状を改善します。

特長

●世界ではじめての犬用心不全薬として開発されたACE阻害剤です。
●Quality of Lifeを改善します。
●咳や呼吸困難、運動不耐性、食欲不振、活動性の低下等の臨床症状を改善します。
●短期間に明確な臨床症状の改善が認められます。
●高い延命効果が認められます。
●エナカルド錠は基礎的な用量設定試験において最適な投与量(0.25~0.5mg/kgマレイン酸エナラプリルとしての投与量)が確認されています。
●エナカルド錠は0.25~0.5mg/kg※を投与することで、明確な血行動態の改善が得られることが証明されています。
●世界各国の臨床現場で使用され、すぐれた有効性と安全性が確認されています。
●長期投与が可能です。

発売日
2005/1/5
製造販売業者(輸入元)
ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン株式会社
販売元
日本全薬工業株式会社
成分・分量
1mg  1錠中マレイン酸エナラプリルを1mg含有する。
2.5mg 1錠中マレイン酸エナラプリルを2.5mg含有する。
5mg   1錠中マレイン酸エナラプリルを5mg含有する。
20mg 1錠中マレイン酸エナラプリルを20mg含有する。
効能・効果
犬:僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善
用法・用量
通常、体重1kg当たりマレイン酸エナラプリルとして0.25mg~0.5mgを1日1回経口投与する。
必要により体重1kg当たりマレイン酸エナラプリルとして0.5mgを1日2回に増量できる。
錠剤のサイズ  錠剤の色  
1.0mg    うすい緑色   
2.5mg    うすい青色    
5.0mg    うすい桃色    
20.0mg   白色    
本剤の投与に際しては、体重に基づいて適切な錠剤又は錠剤の組み合わせを用いて行うこと。
使用上の注意事項
添付文書参照
貯法
室温保存・気密遮光容器
医療関係者向けサイトを
ご覧になる前に
このサイトで提供している情報は、弊社の医療用医薬品に関する情報を国内の医療関係者(医師・薬剤師・看護師・検査技師等)の方に情報提供を目的として作成されています。 一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。医療用医薬品は、患者独自の判断で服用(使用)を中止したり、用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますので、服用(使用)している医薬品について疑問を持った場合には、治療にあたられている医師または調剤した薬剤師に必ずご相談ください。
獣医療関係者ですか?

この先は獣医療関係者を対象に情報を公開しています。