関東しゃくなげ会:ダイジェスト

第34回 関東しゃくなげ会

  • 2013年06月20日(木)
  • 上野 精養軒 東京都台東区上野公園4番58号 03-3821-2181
130620kanto.jpg

平成25年6月20日(木)、上野精養軒において、第34回関東しゃくなげ会(佐々木伸雄会長)総会並びに研修会が、関東地区の産業動物獣医療に携わる獣医師を中心に参加者207名のもと盛大に開催されました。研修会は、「産業動物獣医療の最新情報」-胚の着床をめぐる問題点―をテーマとして、東京農工大学獣医学科教授の加茂前秀夫先生の総合司会により、3名の講師にご講演をして頂きました。最初に(独)畜産草地研究所 主任研究員 高橋ひとみ先生が「肺移植における黄体機能維持を目的としたインタ-フェロンτの利用」と題して牛の妊娠成立に必要な妊娠認識機構と妊娠認識物質として見出されたインタ-フェロンτ(IFNτ)について、そして脆弱胚の移植時におけるINFτを用いた受胎性向上についてご講演を頂きました。次に北海道農業共済組合連合会 技術副主幹 鈴木貴博先生が「乳牛における子宮内感染細菌の実態とその問題」と題して現在先生が研究を進め収集している子宮内の細菌感染のデータを下に、子宮疾患の診断と治療方法の確立を目的にご講演を頂きました。最後に千葉県農業共済組合連合会 見学一宏先生に「臨床現場における子宮洗浄と繁殖成績」と題して、子宮疾患の主要な治療法である子宮洗浄について先生の豊富なデータを基にその有用性についてご講演を頂きました。最後に参加者全員での総合討論が活発に行われ、無事終了いたしました。