宮崎しゃくなげ会:ダイジェスト

第35回 鹿児島・宮崎しゃくなげ会

  • 2013年07月12日(金)
  • 城山観光ホテル 鹿児島県鹿児島市新照院町41番1号 099-224-2211
130712kagosima.jpg

2013年7月12日(木)、鹿児島城山観光ホテルにおいて、第35回鹿児島・宮崎しゃくなげ会合同技術研修会が、産業動物獣医療に携わる獣医師を中心に参加者119名のもと盛大に開催されました。研修会は鹿児島大学教授の三角一浩先生の総合司会により進行し、基調講演として北海道大学大学院獣医学研究科動物疾病制御学講座感染症学教室准教授の今内覚先生が「牛白血病の現状と対策について~まずは陽転率を抑えることから~」と題して牛白血病に関する基本的な話と現状の問題、実際の農場での清浄化への取り組み例について非常にわかりやすく整理してご講演いただいた。パネラー発表として鹿児島県知覧食肉衛生検査所技術主幹兼検査係長の森山良人先生が「と畜場における牛白血病の発生状況」、鹿児島県農業共済組合連合会柳田孝司先生が「鹿児島県家畜共済における最近の牛感染性疾患の発生状況」について豊富なデータをもとにご講演いただいた。牛白血病には容易な解決法はなく非常に難しいテーマであるが、先生方の関心は高く質疑も活発で大いに盛り上がった。