南東北しゃくなげ会:ダイジェスト

第3回 南東北しゃくなげ会

  • 2013年06月13日(木)
  • ホテルモントレ仙台 宮城県仙台市青葉区中央4-1 022-265-7110
130614minamitohoku.jpg

2013613日、ホテルモントレ仙台にて、第3回南東北しゃくなげ会が産業動物臨床獣医師を中心に約110名のご出席のもと盛大に開催されました。メインテーマを「これからの産業動物獣医療~生産性阻害要因の対策~感染症についてパートⅢ」とし、現場で問題となっている遅発性感染症に関し講演が行われました。基調講演は動物衛生研究所の亀山先生が「BVD-MDの病態とコントロール」と題し、病態とコントロールのため持続感染牛の摘発淘汰とワクチネーションの重要性などを海外事例なども含め紹介していただきました。また、特別講演は百渓先生(国際ヨーネ病学会理事)が「ヨーネ病とクローン病~ヨーネ病の国際的状況とクローン病の関連~」と題し、両疾病の関連についてインパクトのある内容を発表されました。ヨーネ病の制圧が可能な国はほぼ日本だけという事で、これは今後の日本の酪農が生き残るための大きなポイントであるというお考え示されました。その後、NOSAI宮城松田先生をコーディネーターとし、亀山先生、百渓先生をアドバイザーとし、パネルディスカッションが行われました。パネラーは宮城仙台家保矢島先生、福島県農業総合センター壁谷先生、NOSAI山形三山先生の3名で、ヨーネ病、牛白血病の現場での事例や取り組みが発表され、その後活発な質疑応答がなされました。南東北しゃくなげ会谷津会長、総合司会をおつとめいただいたNOSAI宮城武蔵先生はじめしゃくなげ会役員の先生方に感謝申し上げます。