近畿しゃくなげ会:ダイジェスト

第17回 近畿しゃくなげ会

  • 2014年07月04日(金)
  • NOSAI兵庫(大会議室) 神戸市中央区山手通4-15-3 078-332-7154
140704kinki.jpg

2014年7月4日(金)兵庫県農業共済会館において、近畿しゃくなげ会(西口示会長)近畿獣医畜産技術交流会第17回研修会が臨床獣医師を中心に70名ほどの参加で開催されました。講演は宮崎大学農学部獣医学科外科学教室教授萩尾光美先生が「エコーとX線をフル活用した牛の診療」と題して、産業動物における画像診断についてハードとソフト面の両方から講演されました。X線は手間がかかる等の理由からこれまで現場で定着してこなかったが、産業動物領域でもデジタルX線が導入されているところも出てきており、機器の違いや選定方法についても紹介されました。また外科診療技術は、実例を交えながら現場的にわかりやすくご説明いただき、参加者は興味深く熱心に聴講されていました。ZENOAQ情報コーナーでは、「鉱塩セレニクス60TZ」について情報提供されました。