北部九州しゃくなげ会:ダイジェスト

第31回北部九州しゃくなげ会

  • 2015年06月19日(金)
  • 熊本ニュースカイホテル 熊本市中央区東阿弥陀寺町2番地 096-354-2111
150619hokubu.jpg

 2015年6月12日、熊本全日空ホテルニュースカイにて、第31回北部九州しゃくなげ会研修会が産業動物臨床獣医師を中心に約100名のご出席のもと盛大に開催されました。酪農学園大学教授の鈴木先生が「子牛の呼吸器病の症状と治療」と題し、3時間という長時間にもかかわらず、熱のこもったご講演をいただきました。牛呼吸器疾患の診断に関し、細菌学的、病態生理、画像診断を人のそれと比較しながら、わかりやすく説明いただきました。また、日頃現場で行っている胸部診断としての聴診の重要性をあらためて認識できたのではないかと思います。治療戦略ではマクロライド系抗菌剤のクオラムセンシング(抗菌剤治療を阻害する病原菌のバイオフィルム作成)阻害作用を利用したニューキノロン剤との併用など新たな治療法などを紹介していただきました。さらに抗菌剤のみならず、NSAIDs、輸液プランまで総合的な治療戦略についてご講義いただき大変参考になったと思われます。その後活発な質疑応答がありました。北部九州しゃくなげ会立川会長、研修会総合司会をおつとめいただいたNOSAI長崎岡嶌先生はじめしゃくなげ会役員の先生方に感謝申し上げます。