北海道しゃくなげ会:ダイジェスト

第52回北海道しゃくなげ会

  • 2020年2月14日(金)10:00-17:45
  • 札幌グランドホテル  〒060-0001 札幌市中央区北1条西4丁目 TEL.011-261-3311
令和2年2月14日(金)に約280名余りの参加を得て、第52回北海道しゃくなげ会研修会が札幌グランドホテルで開催されました。 研修会は、昨年に引き続き「子牛を科学する」をテーマに、酪農学園大学教授の加藤敏英先生の司会のもと、道総研酪農試験場天北支場長の大坂郁夫先生から、「乳用子牛の哺乳プログラム」に焦点をあて北海道における乳用子牛の飼養管理について基調講演をいただいたあと、パネラー講演として5名の先生から、ET和牛の断脚手術の一例、集団発生した子牛の呼吸器病症候群対策、母牛を含めた微量ミネラル給与による子牛の消化器病や呼吸器病の発生低減事例、子牛の下痢症対策の一環として給与した鶏卵黄抗体含有飼料による改善例や抗菌薬の慎重使用を考える上での糞便検査の必要性など、農場で取り組まれた事例や貴重な症例が報告されました。 講演終了後の総合質疑では、司会の加藤先生の進行のもとで多くの質疑をいただきながら、子牛の哺育管理や疾病対策に関する新たな知見や情報交換など参加者にとって実りの多い研修会になったものと思われました。また、話題提供として、酪農学園大学名誉教授の小岩政照先生から「乳熱を考える」として経口即効性活性型ビタミンD3の予防効果に関する講演もいただくなど、哺育・育成期をはじめ周産期の管理も含めた幅広い研修会を開催することができました。 さらに、研修会終了後の意見交換会も約210名が出席し、賑やかな歓談の声が飛び交う会となりました。 200214hokkaido.JPG