お知らせ

  • 2018.06.26 お知らせ 弊社ホームページを開設し、COAのダウンロードが可能となりました。
    お問い合わせページからどうぞ。
  • 2017.01.12 製品情報 HSC‐BANKER GMP gradeが発売になりました。
  • 2016.07.06 製品情報 STEM-CELLBANKER DMSO free GMP gradeが原薬等登録原簿(マスターファイル)に登録されました。

事業紹介

 ゼノアックリソース株式会社は、日本全薬工業株式会社(ゼノアック)の関連会社として、2014年に細胞凍結保存液「CELLBANKER」の日本を含むグローバル市場への供給を開始して以来、当ブランドを取り扱うと同時に、ライフサイエンス分野に向けた研究開発を行っています。

 一方、近年めまぐるしい発展を遂げる科学技術は、様々な分野におけるイノベーションに寄与し日常生活に多大な影響を与えています。医療においても同様に、これまでにない治療薬や医療機器などの創出に大きく貢献しており、科学技術のさらなる進歩に今後益々期待が寄せられています。

 生物の多様性を原理とし多くの可能性に満ちたバイオテクノロジーは、未来の医療を創る優れた技術です。当社は、サイエンスの豊かな発想より生まれるバイオテクノロジーを始め関連した新たな技術やスキルを育み、それらを発展的に実用化し、未来の医療を支援する製品やサービスを提供して参ります。

 さらにその様な取り組みによって、多くの方が健やかで実りある生活を送れるよう、またそれにつながる動物全てが価値のある生き方ができるよう、私達は日々実践し、医療と共に健康・福祉に貢献して参ります。

研究開発

  • 医薬品
    抗体
  • ワクチン
    アジュバント
  • 再生医療等
    製品
    細胞凍結
    保存液
  • 検査・診断
    医療機器
  •  抗体医薬品は、従来の医薬品では効果が不十分な疾患においても有効性が発揮されるだけでなく、標的に特異的に結合することにより副作用のリスクが低減されるなど優れた性能を持っています。リウマチなどの炎症性疾患や癌などの疾患領域において抗体医薬品が続々と開発され、世界のトップ50に入る医薬品のおよそ半分を抗体医薬品が占めるようになりました。

     近年の抗体改変技術や抗体修飾技術における技術革新により、近い将来に様々な姿をした抗体医薬品が益々増えることは間違いありません。その様な中、基盤となる抗体の善し悪しが、その後の医薬品開発の成否に大きく影響を与えます。しかし、抗体医薬品候補となる質の高い抗体を得るのは容易なことではなく、作製された抗体の結合親和性や機能性が十分に発揮されていないとその先へは進めません。標的特異性や疾患特異性の低い抗体は、副作用を招いてしまうなど、さらにその先には多くの難関が待っています。

     当社は、難易度の高い抗体や疾患特異性の高い抗体など、良質な抗体を効果的に作製できる技術基盤を作り、それらを創薬やその他製品・サービスに展開することによって、より良い医薬品や診断薬の創出に貢献して参ります。

    Antibody

  •  ワクチンの歴史は18世紀末に遡り、エドワード・ジェンナーが天然痘のワクチンを発見したのがきっかけとなり、今日までに感染症予防のための様々なワクチンが開発され医療に貢献しています。

     近年、生体の複雑な免疫の仕組みが明らかになりつつあります。免疫機構の破綻が様々な疾患を引き起こすことから、ワクチンが医療に発展的に応用されようとしています。しかしながら、新規性の高いワクチン開発が成功した例はまだほとんどありません。また、ワクチンの効能を高める様々な免疫アジュバントが開発途上にあるものの、これまでに実用化されたアジュバントが、ワクチンの有効性と安全性において十分な成績を得ているとは必ずしも言えません。

     当社は、免疫賦活化能を強力に高めることのできる微粒子ポリマーを開発しました。当ポリマーは、液性免疫と細胞性免疫を効果的に高めることができ、安全性においても優れた性能を発揮する可能性を見出しています。私達は、当ポリマーをきっかけに機能性の高いアジュバントを基盤として構築し、有効性と安全性において優れたワクチンの開発、その他製品やサービスに展開することによって、新たな治療コンセプトを提案して参ります。

    Adjuvant

  •  細胞凍結保存液「CELLBANKER」は、1991年に発売されてから今日まで使用されるロングセラー製品です。ほとんどの細胞が凍結融解後に80%以上の生存率を示し、研究用試薬としては国内で70%以上のシェアを持つまでになりました。現在、研究のトレンドに合わせた新たな用途でのCELLBANKERブランドの使用を提案しています。

     特に、近年のiPS細胞の発見や関連する様々な研究成果が、新たな産業である再生医療を実現に向けて大きく後押ししています。再生医療は、これまで治療困難であった難病や既存治療に抵抗性の疾患への新たな切り口として希望の光となっています。

     当社は、CELLBANKERブランドを従来の研究用試薬から、品質と性能面において再生医療に貢献する製品に育てると共に、基礎から臨床に至るまでの凍結保存に関連する一連の課題を解決して参ります。

    Cellbanker

  •  適切な医療を行う上で精密な情報を適時把握する重要性がより一層高まっています。多様な生体情報の収集は、病気の診断や治療において有用なだけでなく、病気の未然防止や早期発見にもつながります。

     現在、様々な検査機器や診断薬が臨床で用いられ、侵襲的および非侵襲的に取得された生体情報が医療に役立てられています。しかしながら、既存の方法では、生体情報の量や質、さらには患者様への負担などの点において課題が多く残されています。

     脈波は、心臓が血液を送り出すのに伴い発生する生体情報で、心臓疾患や末梢動脈疾患の診断に用いられるなど、その有用性が認められています。当社は、特殊なセンサーを用いて非侵襲的に質の高い脈波を検出できる装置を開発しました。特に臨床への適用を目指し現在開発を進めているところです。

     その他、臨床検査や診断において得られる生体情報には、バイオテクノロジーが幅広く利用されています。当社は、バイオの技術を発展的に応用し、臨床検査や診断におけるアンメットニーズに貢献して参ります。

    Monitoring

製品情報

CELLBANKERSERIES

CELLBANKER 1

  • 100ml
  • 20ml
リファレンス
血清タイプの細胞凍結保存液
[ 特徴 ]
試薬の調製なしでディープフリーザーで急速に凍結できますので、時間や手間を省くことができます。融解後の細胞生存率が良好です。
詳しい情報

CELLBANKER 1plus

  • 100ml
  • 20ml
リファレンス
血清ニュータイプ
[ 特徴 ]
CELLBANKER 1plusは従来のCELLBANKER 1のリニューアル製品です。新しい配合割合により、粘性及びピペッティング操作時の泡立ちを抑えたことで操作性が向上しました。融解後の細胞生存率が良好です。
詳しい情報

CELLBANKER 2

  • 100ml
  • 20ml
リファレンス
無血清タイプ
[ 特徴 ]
CELLBANKER 2は無血清タイプの細胞凍結保存液です。性能は血清タイプの細胞凍結保存液と同等の効果が期待できます。血清及びアルブミンなどのタンパク成分を含んでおりませんので、それらによる汚染や影響の心配がありません。
詳しい情報

STEM-CELLBANKER
GMP grade

  • 100ml
  • 20ml
リファレンス
無血清ハイグレードタイプ
[ 特徴 ]
GMPに準拠した製造管理及び品質管理を行っています。STEM-CELLBANKER GMP gradeは、ES細胞やiPS細胞、間葉系幹細胞などの貴重な細胞の保存性能を最適化した細胞・組織用凍結保存液です。
詳しい情報

STEM-CELLBANKER
DMSO Free GMP grade

  • 100ml
  • 20ml
リファレンス
無血清 DMSO Free ハイグレードタイプ
[ 特徴 ]
最適化したケミカリー・ディファインド(化学的に定義された既知成分からなる)な細胞凍結保存液です。 血清は勿論動物由来成分を一切含まないXeno-フリーの概念を満たしており、日本薬局方、米国薬局方及び欧州薬局方などの公定規格の成分から構成されております。
詳しい情報

CELLOTION

  • 100ml
リファレンス
細胞洗浄・回収液
[ 特徴 ]
CELLOTIONは、ケミカリー・ディファインド(化学的に定義された既知成分からなる)な細胞洗浄・回収液です。洗浄による細胞損失を抑え、回収率を改善します。血清、タンパク成分、糖類等一切含まず、細胞、組織及び臓器の洗浄に適しています。
詳しい情報

HSC-BANKER
GMP grade

  • 15ml
リファレンス
造血幹細胞保存液
[ 特徴 ]
一剤で造血幹細胞を保存できる手軽な凍結保存液です。 メイドインジャパンの特徴を持ち、GMPに準拠した製造及び品質管理を行っております。製品が環境にさらされる作業は全てグレードA環境で実施し、無菌性を保証しています。 臍帯血由来の幹細胞の保存に適しております。
詳しい情報

会社概要

社名 ゼノアックリソース株式会社
所在地 〒963-0196 
福島県郡山市安積町笹川字平ノ上1番地の1
TEL 024-905-1257(代) FAX 024-946-6969
代表者 福井邦顕
設立 1985年4月
資本金 1億円
事業内容 ライフサイエンス分野にかかわる製品およびサービスの研究・開発・製造販売、他
関連会社 日本全薬工業株式会社(ゼノアック)
お問い合わせ(代表)024-905-1257 
(製品に関するお問い合わせ 024-945-2607)