アジュバント

ZenoParticle CH-100

製品
品名 ZenoParticle CH-100
包装と保存 5 X 500μL、冷蔵
特長
  • 独自技術により微粒子化されたキトサン(多糖類)
  • オイルアジュバントより抗原との混合時の操作が容易
  • 生分解性の素材で安全性が高い
  • 局所刺激性が低く複数回投与が可能
  • 一般的な投与経路で抗体産生が可能
  • 安定的な抗体価を維持
使用方法
  1. 使用するZenoParticleと等量の抗原溶液を生理食塩液等で調製します。
    (溶液の抗原濃度はご使用の抗原に応じて調整して下さい。一例として、掲載の試験では20µg/mLのovalbumin (OVA)溶液を調製して使用しています)
  2. ZenoParticleを冷蔵から室温に戻して混和します。
  3. 調製した抗原溶液とZenoParticleを1:1で混和します。
  4. 混和した溶液を室温で攪拌します。(ボルテックスミキサーの使用を推奨します)
  5. 溶液が十分攪拌されたこと確認して速やかに使用して下さい。
    (一例として、マウスに使用する場合は腹腔内投与で100~200µL/匹が目安です)
試験結果1

一般的なアジュバント製品との比較

試験結果1グラフ

5~7週齢のメスBALB/cマウス(n=5)を1µgOVAと各アジュバンドを用いて免疫した。各アジュバントと抗原を等量混和させ、100µLの懸濁液をマウスの腹腔内に投与した。初回免疫1週間後に2回目の免疫を実施、さらにその1週間後に採血した。間接ELISA法に従い、2µg/mLOVA(100µL/ウェル)で固相化した96ウェルプレート、希釈血清(100µL/ウェル)、およびHRP標識抗マウスIgG抗体(2000倍希釈、100µL/ウェル)を用いて、抗OVA抗体価を測定した。
ZenoParticleは他のアジュバントと同等以上の抗体価を示した。

試験結果2

ZenoParticleの効果

試験結果2グラフ

5~7週齢のメスBALB/cマウス(n=5)を1µgOVAとZenoParticleを用いて免疫した。ZenoParticleと抗原を等量混和させ、100µLの懸濁液をマウスの腹腔内に投与した。初回免疫2週間後に2回目の免疫を実施した。1回免疫2週間後と2回免疫1週間後に採血した。間接ELISA法に従い、2µg/mLOVA(100µL/ウェル)で固相化した96ウェルプレート、希釈血清(100µL/ウェル)、およびHRP標識抗マウスIgG抗体(2000倍希釈、100µL/ウェル)を用いて、抗OVA抗体価を測定した。
ZenoParticleの効果により、2回免疫1週後に、抗体価の増強が認められた。

試験結果3

抗体価の持続

試験結果3グラフ

5~7週齢のメスBALB/cマウス(n=5)を1µgOVAとZenoParticleを用いて免疫した。ZenoParticleと抗原を等量混和させ、100µLの懸濁液をマウスの腹腔内に投与した。初回免疫2週間後に2回目の免疫を実施した。2回免疫から1、3、5、7、9、12週後に採血した。間接ELISA法に従い、2µg/mLOVA(100µL/ウェル)で固相化した96ウェルプレート、希釈血清(100µL/ウェル)、およびHRP標識抗マウスIgG抗体(2000倍希釈、100µL/ウェル)を用いて、抗OVA抗体価を測定した。
2回免疫1週後で観察された抗体価の上昇はその後も持続し、免疫12週後においても同様に観察できた。

試験結果4

投与経路による比較(抗体価の上昇および持続)

試験結果4グラフ

5~9週齢のメスBALB/cマウス(n=5)を1µgOVAとZenoParticleを用いて免疫した。ZenoParticleと抗原を等量混和させ、100µLの懸濁液をマウスの皮内、皮下、筋肉内に投与した。2回目の免疫は初回免疫の2週後に、3回目の免疫は初回免疫の4週後に実施した。2回免疫1週後、 3回免疫1、4、8週後に採血した。間接ELISA法に従い、2µg/mLOVA(100µL/ウェル)で固相化した96ウェルプレート、希釈血清(100µL/ウェル)、およびHRP標識抗マウスIgG抗体(2000倍希釈、100µL/ウェル)を用いて、抗OVA抗体価を測定した。
皮内、皮下、筋肉内のどの投与経路においても、腹腔内投与と同様に抗体価の上昇と持続が認められた。

試験結果5

不活化伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス(IBDV)を抗原とした抗体価の経時的変化 

試験結果5グラフ

2週齢のSPF鶏(n=3~6、雌雄混合)において、抗原とZenoParticleを用いて免疫した。ZenoParticleと抗原を混和させ、初回は200µLの懸濁液を鶏の筋肉内に投与した。2回目の免疫は初回免疫の5週後に、3回目の免疫は初回免疫の8週後に実施し、500µLの懸濁液を筋肉内に投与した。1回免疫2週後、2回免疫1、3週後、3回免疫2週後に採血し、ELISAにて抗IBD抗体価を測定した。
ZenoParticle群は3回免疫2週後に陽性率100%を示し、FCA群と比較して高い抗体価を示した。

試験結果6

不活化IBDVを抗原とした中和抗体価

2回免疫5週後 3回免疫2週後
抗原+FCA 1,600
1,600
<100
100
<100
400
抗原 + ZenoParticle 102,400
6,400
1,600
204,800
6,400
25,600

2回免疫5週後、3回免疫2週後の血清を用いて、中和抗体価測定を実施した。
FCA群と比較し、ZenoParticle群の中和抗体価は有意に高値を示した。

使用上の注意
  • ZenoParticle及び抗原溶液は室温で混和して下さい。
    (冷蔵から室温に戻した状態でZenoParticleに白濁が見られる場合がありますが、使用には問題ありません)
  • 混和した溶液は室温で保持し、使用直前に十分攪拌して下さい。
  • 本製品は試験研究用です。人体には使用しないで下さい。

ご注文はこちら

ご注文の流れ

この度は、ZenoParticle CH-100の注文をご検討いただき、ありがとうございます。
本製品は、研究目的に限り使用を認めたラベルライセンス製品です。ご購入前に“ライセンス確認同意書”の内容にご同意いただく必要があります。
つきましては、下記手順に沿って「ライセンス確認同意書・注文書」をダウンロードし、必要事項を入力、送信いただきますようお願いいたします。

※商業ライセンスに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームよりご連絡ください

STEP1

弊社「プライバシーポリシー」をご確認の上、
個人情報の取り扱いに同意確認をお願いいたします。

STEP2

下記「ライセンス確認同意書・注文書」よりPDFをダウンロードしてください。

ライセンス確認同意書・注文書
PDFをご覧になるには Adobe Reader もしくは
Adobe Acrobat Reader が必要です。
Adobe Acrobat Readerを入手
STEP3

ライセンス確認同意書と注文書をAdobe Acrobat Readerで開き、必要事項を入力してください。

赤枠部分は必須事項となります。
フォーム部分を入力後、別名保存にてファイル名を「ライセンス確認同意書・注文書」へ変更し、STEP4へ進んでください。

お使いのPC上にてフォームの入力ができない場合はお手数ではございますが、プリント、ご記入の上、スキャンPDFをメールに添付してお送りください。

STEP4

STEP3で保存したPDFを添付の上、resource-post@zenoaq.jp宛へ下記、件名・本文にて返送してください。

件名
ライセンス確認同意書・注文書
本文

内容:ライセンス確認同意書・注文書
所属:
氏名:

STEP5

弊社にてメールに添付されたライセンス確認同意書の確認を行います。
ライセンス確認同意書確認後に、ご注文確認メールをお送りいたします。
3営業日以内にご注文確認メールが届かない場合は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ(代表)024-926-5020